久保建英の年俸!マジョルカ、ビジャレアルで30倍に!

Cバルセロナの下部組織で育成された「和製メッシ」こと「久保建英」。

今回は次世代の日本サッカー界を牽引する事間違いなしの

今1番世界が注目しているサッカー選手と言っても過言ではない「久保建英」の気になる年俸に迫ってみます。



久保建英、これまでの経歴と年俸の推移。

3歳からサッカーを始めた「久保建英」。

2009年8歳の時に、FCバルセロナキャンプに参加しMVPに選出される。

その後、川崎フロンターレの下部組織、スペインに渡りFCバルセロナの下部組織(カンテラ)を経て

帰国後、2015年3月にC東京の下部組織に入団する。

翌年「久保建英」15歳(中3)の時に飛び級により「FC東京U-18」に入団。

同年、2016年9月にFC東京のトップチームに登録される。

2017年、16歳にしてFC東京とプロ契約を結びます。

この時の年棒はJリーグの規定によりルーキーとしての700万円。

その後、横浜F・マリノスへ期限付きで移籍するも、2017年から2019年の年棒は700万円でした。



2019年、久保建英の年俸が30倍に!

2019年シーズン、再び「FC東京」に復帰した「久保建英」に超ビッグオファーが。

スペインの名門クラブ「レアル・マドリード」への移籍が発表されました。

年棒はなんと約2億4000万円!!プロとして約3年で年棒が30倍にもアップしたのです。



久保建英、マジョルカ、ビジャレアルでの年棒は?

「レアル・マドリード」の2部チーム「カスティージャ」からトップチーム昇格を狙うものと思われた

「久保建英」でしたが試合出場の機会が多い「マジョルカ」へのレンタル移籍を希望。

年俸は「レアル・マドリード」と「マジョルカ」の折半で、

「マジョルカ」が約1億2000万円を負担していると言われています。

そして翌年2020年8月、「ビジャレアルCF」への1年の期限付き移籍が発表されました。

そこで提示された「久保建英」の年俸は約3億1000万円!!

日本人アスリートとしては初の10代にして3億円を超えるプレーヤーとなりました。



久保建英の年俸!マジョルカ、ビジャレアルで30倍に! まとめ

3年間で約30倍の年俸を稼ぐ事になった世界の「久保建英」。

かつてFCバルセロナのリオネル・メッシが18歳で約3億7000万円の年俸を稼ぎ

名実共に確固たる地位を築いた様に、

この先久保が「レアル・マドリード」のトップチームに戻り活躍する時、

彼にかけられた期待値は莫大な年俸となって戻ってくる事でしょう。

関連記事
「久保建英」の身長が現在メッシを追い越した!?